マイルの貯め方

マイルの効率的な貯め方について役立つ情報を掲載

楽天ANAマイレージクラブカードの詳細(2)

前のページに引き続き、このページでは楽天ANAマイレージクラブカードで選べる国際ブランド、電子マネーやETCカードについて解説する。 電子マネーやETCの利用でもマイルを貯めることが出来るため、このページの情報もチェックしてもらいたい。

このページの最後には、カードを入手できるまでの期間、ポイントやマイルの有効期限についての情報を記載している。

選べる国際ブランドと電子マネー

カードの国際ブランド

楽天ANAマイレージクラブカードの場合、国際ブランドはJCB、VISA、MasterCardの中から選べる。 どれを選んでも基本的には大きな差はないが、次に解説する電子マネーに関して制限が出てくるため注意する必要がある。

電子マネー

電子マネーは、クレジットカードに機能を付帯できる楽天Edyが利用可能だ。 1枚のカードでクレジットカードとしても電子マネーとしても使うことが出来るため、利便性が高い。

楽天Edyはプリペイド方式(あらかじめお金をチャージして使用するタイプ)で、お金をチャージするときに200円につき1ポイント、さらに支払いのときにも200円につき1ポイントの楽天スーパーポイントが貯まる。 つまり、トータルで200円につき2ポイント(ポイント還元率 1.0%)を貯めることができる。

楽天Edyで支払いが可能なお店の一部を以下に挙げる。

  • セブン-イレブン
  • ファミリーマート
  • ローソン
  • スリーエフ
  • デイリーヤマザキ
  • ミニストップ
  • マツモトキヨシ
  • ヨドバシカメラ
  • 紀伊国屋書店
  • ガスト
  • バーミヤン
  • ジョナサン

〇電子マネー「nanaco」へのチャージについて

国際ブランドをJCBに選択した場合、nanacoへのチャージに楽天ANAマイレージクラブカードを選択することが可能となる。 そうした場合、nanacoへチャージされるたびに楽天スーパーポイント(ANAマイルコースを選択した場合はANAマイル)を貯めることが出来る。

〇電子マネー「auウォレット」へのチャージについて

先ほどのnanacoと同様に、国際ブランドをMasterCardに選択した場合、auウォレットへのチャージに楽天ANAマイレージクラブカードを選択することが可能となる。 そうした場合、auウォレットへチャージされるたびに楽天スーパーポイント(ANAマイルコースを選択した場合はANAマイル)を貯めることが出来る。(携帯電話au利用者のみ)

↑ このページのトップへ ↑

ETCの利用でマイルを貯める

楽天ANAマイレージクラブカードの申し込みと合わせて、ETCカードを作ることが可能だ。 高速道路をよく利用する方、車で長距離を移動する機会がある方は、ETCカードを検討してはいかがだろうか。

ETCカードは年会費 500円+税が必要だが、通行料100円につき1ポイントの楽天スーパーポイントが貯まる。 そして楽天スーパーポイントはマイルに交換することが出来る。

↑ このページのトップへ ↑

その他

最後にカード到着までの期間やポイント/マイルの有効期間について記載する。

楽天ANAマイレージクラブカードは申し込み~カード到着まで約1週間かかる。 (ただし、ETCカードは別途2週間程度かかる。) また、楽天スーパーポイントの有効期限については通常1年となっているが、1年に一度でもポイントを獲得すれば失効しない。 (ただし、期間限定ポイントは対象外。)
ANAマイル有効期限は3年と設定されている。

ポイント⇔マイル交換の制限はある? ← 現在、調査中。

↑ このページのトップへ ↑