マイルの貯め方

マイルの効率的な貯め方について役立つ情報を掲載

当サイトのあらすじ

このページでは、当サイトで紹介するマイルを貯める上でのおすすめの方法、サイト全体の流れについてあらすじを記載している。 サイト全体に渡って言いたいことを、大まかにまとめたつもりなのでご一読してほしい。

飛行機に乗るだけでマイルを貯めるのは難しい

旅行が好きでよく飛行機に乗るという方でも、ほとんどの方は年に数回程度ではないだろか? 例えば、年に東京-沖縄間を2往復したとして、一年間に貯めることが出来るマイルは 2,000マイル ~ 4,000マイル程度(早割などの割引内容やパックツアーかどうかによって変わる)である。 ただし、4,000マイルというのは全て正規料金で飛行機に乗った場合である。

一方で、貯めたマイルを航空券に交換する場合、東京-沖縄を1往復するのに必要なマイル数は最低でも12,000マイル程度である。 ANAにしてもJALにしても、マイルの有効期限が3年ということを考えると、仕事で頻繁に飛行機を利用する方は別として、飛行機のみの利用でマイルを貯めてタダで航空券と交換するのはハードルが高い。 マイルと航空券を交換する場合、必要なマイル数に必ず達していないといけないため、気が付けばマイルを使う前にいつの間にかマイルを失効してしまった、ということになってしまう。

そこで重要になってくるのが、日常生活でもマイルを貯めるという方法である。 日常生活でマイルを貯める方法はいくつかあるが、最も主要なのがクレジットカードを利用する方法だ。 そのため、クレジットカードの選び方が重要になってくる。 ただ、クレジットカードの種類は無数にあり、どれを選べば良いのか分からないといった方がほとんどだろう。 そこで、当サイトでは目的に合わせた最適なクレジットカードについて解説する。 当サイトのトップページ「マイルの効率的な貯め方」でも書いたが、このサイトでは以下のように考えている方を対象としている。

〇当サイトの対象者

  • 飛行機に乗って貯まったマイルを無駄にせずに使いたい方
  • 飛行機に乗るだけでなく、日常生活でもしっかりとマイルを貯めたい方

補足説明すると、当サイトで紹介するクレジットカードは年会費が全く掛からない、もしくは、極力かからないものを選んでいる。 なので、例えば「空港のラウンジを無料で利用できるクレジットカードを探している」というように、年会費を掛けてでもサービスを充実させたいという方は対象外となる。

飛行機に頻繁に乗る方であれば多少年会費が掛かっても、貯まっていくマイルで元が取れるのだが、私も含めた一般人には無駄遣いとなってしまう。

↑ このページのトップへ ↑

おすすめの方法の概要

それでは先ほどの「当サイトの対象者」別におすすめの方法を紹介していこう。

「飛行機に乗って貯まったマイルを無駄にせずに使いたい方」へのおすすめの方法

特に頑張ってマイルを貯めている訳ではないが、旅行が好きで飛行機に乗る機会がありマイルを貯めている。 しかし、貯まったマイルをイマイチ使い切れていないという方は多いのではないだろうか。 マイルに有効期限がなければ気にすることもないのだろうが、国内の航空会社の場合は有効期限が3年である。 貯まったマイルが消えてしまうのは、もったいない・・・

そのように考えている方におすすめの方法を以下に説明する。

マイルを貯める方法(1)

日常生活でいきなり有効期限のあるマイルを貯めるのではなく、失効の恐れのないポイントを選んで貯める。 こうすることで有効期限を気にすることなくポイントを貯め、可能なときにマイルに交換して、それまでに飛行機に乗って貯めたマイルと合算して使う。

また、飛行機に乗って貯めたマイルを使う機会がどうしてもなく、マイルを失効しそうな場合は逆にポイントに交換して日常生活での買い物に使用することも可能だ。

後ほど詳細は説明するが、この方法でおすすめするクレジットカードは年会費無料の 楽天カード だ。 楽天カードを使用して貯まるポイントは「楽天スーパーポイント」であるが、このポイントは旅行予約サイトの「楽天トラベル」でも使うことが出来る。 そのため、貯めたポイントを直接使って旅行に行くというような選択肢もある。

(この方法の詳細は「楽天カードを使ったマイルの貯め方」を参照)・・・準備中

「飛行機に乗るだけでなく、日常生活でもしっかりとマイルを貯めたい方」へのおすすめの方法

マイルを貯めてタダで飛行機に乗って旅行したいという目的が明確な方であれば、とにかく飛行機に乗るときでも、日常生活でもしっかりとマイルを貯めることが大切だ。

そこでおすすめなのが、航空会社の特典を受けることが出来るクレジットカードだ。 この手のカードは飛行機に乗った時に、通常獲得できるマイルに10%上乗せしてマイル(ボーナスマイル)を得ることが出来る。 また、年会費にプラスして費用は掛かってしまうが、日常生活の中で貯まるマイルを2倍のスピードで貯めることも可能だ。

マイルを貯める方法(2)

後ほど詳細は説明するが、この方法でおすすめするクレジットカードはJALのグループ企業のカード会社が発行する JALカード だ。 JALカードは飛行機に乗ることで毎年、年会費相当のマイルが返ってくるので、実質的な年会費を無料にすることが出来る。

年に数回以上は飛行機に乗るという方におすすめで、日常生活でもマイルを貯めることが出来るため、3年というマイルの有効期限を気にする必要はないだろう。

(この方法の詳細は「JALカードを使ったマイルの貯め方」を参照)・・・準備中

次のページ:日常生活でのマイルの貯め方

↑ このページのトップへ ↑