マイルの貯め方

マイルやポイントの貯め方について役立つ情報を掲載

ANAとJAL、マイル貯めるならどっち?

これからマイルを貯めようとしたときに、ANAマイルJALマイルのどちらを貯めるべきなのか迷う方もいるかも知れない。 基本的にはANAマイルとJALマイルとで利便性やサービスに大きな差はなく、自分のライフスタイルから考えて選べば良いと思う。 普段の買い物でよく利用するお店が「マイルが貯まるお得なカード」で紹介したようなカードの提携店で、高還元率でマイルが貯まる場合、判断材料の一つになる。

このページでは、ANAの特長とJALの特長についてまとめている。 ANAマイルにするかJALマイルにするか、選択の参考にして頂きたい。

空港と飛行機

ANAの特長とJALの特長

基本的にはANAとJALとで大きな違いはないが、それぞれ以下のような特長がある。

〇ANAの特長

  • 将来マイルを使用しない可能性があったとしても心配ない
  • ANA VISA一般カードの場合、毎年自動的に1,000マイル獲得できる

〇JALの特長

  • 普段から飛行機を利用する方に向いている
  • マイルを使いやすい(ポイント→マイル移行の手間がかからない)
  • 航空券への交換に必要なマイル数がANAより少ない場合がある

一昔前はANAとJALでもっと差があったのだが、現在では運航路線網や各種サービスにおいて差がほとんどなくなってきている。 ショッピングでマイルを貯めるならANA、飛行機に乗ってマイルを貯めるならJALと言われたこともあったが、近年ではその差を感じることはほとんどない。

まずANAの特長について解説する。 「マイルが貯まるお得なカード」で解説した楽天ANAマイレージクラブカードやANA VISA一般カードは、高還元率でポイントが貯まり、それをマイルに変換できるのが特徴である。 たとえ将来の予定が変わって旅行に行かなくても、もともと高還元率でポイントを獲得しているので、損することなくポイントを利用して商品を購入できる。

JALの場合も、貯めたマイルを電子マネーや商品券などに交換可能だが、価値が半減してしまうため損をしてしまう。 ポイントを使用するかマイルを使用するかの選択肢があるのがANAの特徴の一つである。

またANA VISA一般カードの場合、入会時に1,000マイル、2年目以降はカードを継続するだけで1,000マイルがプレゼントされる。 それに対してJALカード(普通カード)の場合、入会後初めての飛行機利用時に1,000マイル、2年目以降は毎年初回搭乗時に1,000マイルがプレゼントされる。 ANAの方が飛行機に乗らなくてもボーナスマイルを得ることができるので、普段あまり飛行機に乗らない方でも安心だ。

次にJALの特長について解説する。 先ほども述べたが、JALカード(普通カード)の場合、ボーナスマイルを得るためには飛行機に乗らなければならない。 また、クレジットカードを使用すると初めからマイルに還元されるため、普段からある程度飛行機を利用しマイルを確実に使用する見込みのある方に向いているだろう。

JALマイルの大きなメリットは、航空券への交換に必要なマイル数がANAより少なくて済む場合があることである。 「ANAとJAL、必要なマイル数の比較」を見て頂けると分かるが、JALカードの会員であれば「JALカード割引」が効くなどANAに比べるとお得なケースがある。

以上がANAマイルとJALマイルのそれぞれの特長である。

↑ このページのトップへ ↑